当院では、いろいろな状況で通院が困難な患者さんについてはご自宅に直接お伺いして診療をする「訪問診療」を行っています。

通院が困難な患者さんとは、例えば

  • 足腰が弱ったり、病気のせいなどで通院を続けることが大変な方
  • 寝たきりになってしまっている方
  • 認知症があり、通院や内服の継続が困難な方
  • ガンなどの重い病気が進んでおり、自宅で余生を過ごしたい方

などです。


訪問診療のメンバーは医師・看護師・薬剤師の3名で、特に薬剤師も同行することでご自宅に余っている残薬の整理や処方内容の細やかな説明・指導を行っており、より安心していただける体制を整えております。このような、薬剤も同行する訪問診療は県内でも当院のみです。

現在は、原則、毎週火曜・金曜の午後2時から定期的に訪問させて頂いておりますが、緊急時や夜間・休日においてもできるだけ連絡が取れるように、ご家族やご本人にスタッフの緊急連絡先もお渡ししておりますのでご安心ください。

訪問診療のご希望がある方や、まずは一度話だけでも聞いてみたいという方は遠慮なくいつでもご相談ください。施設に入所中の方や、すでにケアマネージャーなどがいらっしゃる場合はその方(施設)を介してのご連絡でも結構です。下記にご相談の簡単な流れを記載してありますのでご参考にされてください。



ご相談の流れ


1.当院に連絡、面談を予約
(電話番号:0877-46-3387 または このホームページからの問い合わせメールでも大丈夫です)

2.患者さんご本人やご家族・ケアマネージャーの方などと面談、1回目の訪問日を決定

3.ご自宅(または入所中の施設)をご訪問、その後の定期訪問予定を再度ご相談し、訪問診療を開始
(※面談を割愛し、最初のご連絡の時点で初回訪問日を決定することも可能です。)

さらに詳しくは「訪問診療のご案内」という資料も当院受付にてお渡ししておりますのでお気軽にお声がけください。